家探しで考える築浅の費用

家探しは築浅物件がお勧めです

  • トップ /
  • 家探しは築浅物件がお勧めです

築浅重視の家探しについて

家探しをする際には費用・立地条件・建築年数など様々な条件があります。そんな条件の中で今回は建築年数、特に築浅物件について紹介します。「築浅物件」という言葉は特に規定がないのですが、中古物件に分類されます。中古物件といえば築年数が1年以上経っているか1度でも誰かが居住したことのある物件を言いますが、それでは築年数が1年の物件と数十年の物件がひとくくりにされてしまい、不動産屋さんにとっても家探しをする人にとっても都合が悪くなってしまいます。そこで作られたのが「築浅物件」という言葉です。これで築数年の物件と築数十年の物件を区別できるようになりました。しかし、この言葉には特に定義がないため築3年以内という人もいれば築5年以内という人もおり、見解は様々です。ではこの築浅物件がお勧めなのかを紹介します。それは中古物件に分類されるものの、築年数が浅いということで新築同様の物件が多々あるということです。そういう物件が見つかれば新築同様の家に安い費用で住むことができるのです。もし家探しをしている方できれいな家に住みたいけど費用はできるだけ抑えたいという方がいれば、不動産屋に相談して築浅物件を探してみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP