築浅の家探しは駅遠で

築浅の家探しなら駅遠がコツ

  • トップ /
  • 築浅の家探しなら駅遠がコツ

家探しで築浅を狙うなら駅遠を

家探しでポイントのひとつとなるのが、駅からの距離です。徒歩圏内は、およそ2キロメートル以内が多いです。時間にすると、およそ20分以内です。それよりも距離が遠いと、駅遠と呼ばれるようになります。駅からの距離が遠くなり、駅遠に該当すればするほど、価格は安くなります。評価額も家賃も同様です。ささらにポイントにしたいのが、築年数です。築年数が5年以内であれば、築浅と呼ばれます。築浅の物件は、快適に暮らしやすいのが特徴です。リフォームなしでも快適に暮らせる物件と言えます。築浅の物件は価格が高くなりますが、駅遠の条件と重なると、低予算でも購入しやすくなります。リフォームなしで快適に暮らし始めたいのならば築浅を狙い、低予算での購入や賃貸を狙うのならば駅遠の条件で家探ししましょう。覚えておきたいのは、家探しの距離と時間は日常生活の感覚とは微妙に異なる点です。下見が可能であれば、実際に歩いてみると良いでしょう。不動産会社の内覧を活用すれば、自動車で移動しながら、移動時間と距離、さらには周辺環境も把握できます。家探しは距離と時間を正確に把握すると、お得な物件に出会いやすくなります。マイカーを所有しているのであれば、駅遠でもガレージ付きが便利です。

↑PAGE TOP